2009年07月30日

コトバ

「コトバに表現するのは難しいけど、
みんなに伝えたいことはある。」

あるキャンプのミーティングの時に
スタッフが言った言葉。

確かに、言葉にして伝えると
なんだか
物足りなさがあったり
もったいない気になったりすることがある。

言葉では、
伝えきれないストーリーが
いっぱいいっぱい詰まっているから。

確かに、
あのキャンプ場の「色」や「空気」を
言葉にして伝えろと言われたら
なんと答えればよいかわからない。
そのようなことが多いのがキャンプの良いところ。

そうならば
「伝えたいと思う気持ちを伝えることにしよう」
自分の持っている語彙の中から
適切な言葉をダウンロードしなくても
表現の方法はたくさんある。

そのうえで、
言葉の持つ力を使って、
伝えられることを伝えよう。

夏キャンプ本番!
これから
たくさんのドラマが生まれ、
たくさんの想いが積み重なり、
たくさんの感動が待っている。

posted by ぱり at 14:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

頼みごと

いつも頼み事をするのは、
切羽詰った時です。

自分の力では
どーにもならないような時。

自分のことで精一杯で
自分に余裕がない時。

守りに入ってしまって、
攻めの姿勢が砕けている時。

そんな時に
頼み事が多くなる。

他人の力を借りて、
事態を解決に向かわせようとする。

重要なのは、
力を借りる相手。

その相手のことをまず一番に考えなければ
うまくいかない。

自分に余裕のない時こそ、
相手に力を借りる時こそ、
相手の気持ちになって物事を考える。

8月が終わるまで、
走り続ける1ヶ月。

そのことを
アタマに入れて行動します。
posted by ぱり at 21:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

遊び心 爆発

子どものキャンプ中に
もの凄い雨が降ってきました。

これからドラム缶風呂を
沸かすというタイミングなので
子ども達は水着姿!

肌に雨粒があたると
痛いくらいの豪雨。

それにもかかわらず
子ども達は、
雨の中を飛び出したい気持ちでいっぱい。

そして、
スタッフの1人が
「行けぇ〜」
の一言。

みんな、
待ってましたとばかりに
飛び出して、
雨を満喫。

屋根から落ちてくる雨で遊び、
タープに降り積もった雨を流して遊び、
スタッフも巻き込んで遊び。

笑顔がすばらしい!
コトバで現すのは難しいけれど、
あえて言うならば、
「ワクワク顔」。

自然の力を
自分達の遊びに取り込んでしまう
子どもの力を見せ付けられました。

こんな雨だと、
ついつい、
「この後の着替えが・・・」
「風邪ひくといけないから・・・」
「コテージが濡れちゃう・・・」
などなど
先のことを考えてしまう大人の思考。
これこそが
子どもの遊び心にとっては
最大の難敵です。

そして、
指導者としての
自分にとっても。

posted by ぱり at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

役割

人それぞれ、役割がある。

組織キャンプで言うと
ディレクターがいて、
プログラムディレクターがいて、
マネジメントディレクターがいて、
カウンセラーがいて、
本部スタッフがいて。

それらがうまく機能すると
よいキャンプが出来上がる準備ができる。

うまく機能しないと
ちょっとしたほころびが
大きな落とし穴を生んしまう。

うまく機能するためには、
適材適所がてっとり早い。

しかし、
今までにない経験をすることで
今までに見せなかった能力を発揮する人もいる。
それは本人も気づかない能力かもしれない。
だから、キャンプは面白い。

その意味では、
初めから適材適所で攻めるより、
やりながら進みながら適材適所へと
調整していく役割がいると
うまく機能し始める。

見えないけれど
重要な役割であり、
力の見せ所でもある。

posted by ぱり at 11:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

挑戦してみました

昨日は、
午前中、レインボーパーク、
午後は、合同説明会に行ってきました。

説明会は、
宇都宮市青少年自立支援センター「ふらっぷ」の主催です。

10名の方が参加されました。

その際に、
I MaindMapというマインドマップのソフトを使って
説明しました。

このような説明会で使用するのは初めて。

おそらく、
見ている人、聞いている人は
馴染みのない動きに
慣れるまで大変だったかと思います。

反応は・・・?


何はともあれ、
やってみての感想。

パワーポイントに飽きた人にはいいのかな。
ということ。

思考の連続性を保つには
ブランチが伸びるマインドマップは
向いていると思います。

一番は、その意外性ですが。

今後もいろいろな場面で用いて
バージョンアップしていきます。

posted by ぱり at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

雨の日光

霧降特有の天気です。
霧がかかり、
ウェット感たっぷりの
涼しい空気。

そのウェット感を
森の緑が
更に濃くしています。

緑が茂り、
森全体が
大きくなったように感じます。
成長期の子どものように。

いよいよ今日から明日にかけて
「本当にやりたい!ことプロジェクト」
カヌーツーリングです。

個性的なメンバーは集まります。

個性的なプログラムになりそうです。

個性的な食事になりそうです。

そして、

個性的な「場」が生れます。


posted by ぱり at 07:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

経験の「場」

「レインボーパーク」と
「焚き火と山ゼミ」のプログラムを
影で支えてくれたのが
「とちぎ若者サポートステーション」と
「若者山村留学」のみなさんです。

サポステは、
開催日の3日前から霧降校に滞在し、
そうめん流しの竹を割る作業や節とり、
ビラセンターの掃除などをしてもらいました。

そして、
当日は、キッチンに入り、
56名分のカレーを作り、
56名分の片付けもしてもらいました。

まさに「縁の下の力持ち」。

その合間に、
子ども達と鬼ごっこをして走り回り、
時には、気分転換に薪割りをしたり。


「労働経験がない」
「人がたくさんいるところが苦手」
「与えられた仕事ができるか不安。」
「自信がない」

始まる前は、
いろいろ考え込んだり、
プレッシャーに感じたりしていましたが、
無事に終わって、
子ども達が帰っていく頃には
疲労と達成感でいっぱいでした。

こうやって
一つ一つ経験を積んでいく「場」を
霧降校は目指します。

posted by ぱり at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

七色の日

本日は、
たくさんの人が
日光霧降校に集まってきました。

恒例のレインボーパークの子ども達。
レインボーパークを支えるボランティア。
焚き火と山ゼミの親子たち。
社会経験を積むために来たとちぎ若者サポートステーションと
若者山村留学。
社会福祉協議会のボランティア中学生。
そして、我々。

七色です。

それぞれが、
反発することなく、
互いに個性を主張して
共存する。

霧降校の目指す姿です。

今までの価値観ではない、
存在の仕方。
働き方。
楽しみ方。
あり方。

来てくれた方々、
本当にありがとう。

「流しそうめん」ではなく、
「そーめん流し」の醍醐味を
味わっていただけたことかと思います。

コピー 〜 CIMG0046.JPG


posted by ぱり at 20:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

人がいること

昨日から
とちぎ若者サポートステーションの方々が、
霧降校に来ています。

自然の中で、
体を動かしながら、
心をほぐすことを
目的に日帰りの人と
2泊3日の人がいます。

何か特別なことをするのではなく、
みんなで一緒に体を動かす。

天気がいいので
布団干しをしました。

2階から布団を
「大胆に」落として、
それを干していきます。

それだけですが、
6人でやると
何だか楽しい。

人が多くいると、
作業がはかどります。

しかし、
それは、ただ単に人手が多い
ということだけではなく、
気持ち的にも
楽しいので、
結果的に
作業効率もあがるのでしょう。

今日も
楽しいワークをします。




posted by ぱり at 07:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

山の見える景色

昨日は久々の晴れ。
全国的にも今年一番の暑さでしたが、
霧降も同様。

梅雨に入り
毎日曇天でした。

朝、青空と一緒に見えた
女峰山と男体山は、
すっきり顔でした。

当然、
山の形は何一つ変わっていませんが、
雨の後の山は
キレイに見えます。
雨の後、
青空を見るだけで、
自分の中のフィルターが
変わるのかも知れません。
雨があるからこそ、
そのフィルターが磨かれます。

今日はすでに曇天模様。

緑と霧と湿った空気が
この霧降校を包み込んでいます。


posted by ぱり at 08:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

自分を信じる

潜在意識という言葉を
ご存知でしょうか?

なかなか馴染みがない言葉で、
しかも、
ちょっぴり怪しい言葉。

この意識を
意識的に使うことで
人間の能力は
飛躍的に伸びるそうです。

つまり、
顕在意識だけでは
ほんの少ししか能力を発揮していないということ。

なかなか
信じるには厳しい話です。

が、
見方を変えると、
今まで能力が発揮できていなかった人でも、
秘められた力を持っているということ。

今までの勉強の仕方では評価されなかったけど、
自分自身への新しいアプローチを知ることで、
そして、それを実践することで、
秘められた力を発揮できる人がたくさんいるということ。

そうなった時、
一番の壁は、
自分を信じられるかどうか。
自分の可能性を信じられるかどうか。
自分を信じることで、
自分に自信がつくことで、
新しい道が拓ける人がたくさんいます。

そう考えると、
「本当にやりたい!ことプロジェクト」は、
信じられないくらいの可能性を秘めています。

その可能性を切り拓くためにも、
まずは、
自分自身の潜在意識を研ぎ澄ませます。
そこで、
この1週間のSMART GOAL 。

「毎日、朝、自分に質問を投げかけます。
それを潜在意識にIN PUTして1日を過します。」






posted by ぱり at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駅での待ち合わせ

久々に東京です。
そして、
久々の電車です。

日光では、
100%車社会に浸っているので、
電車に乗る機会はほとんどありません。

車での移動。

車は当然「道路交通法」によって
様々なルールがあり、
それをみんな守って移動します。
若干の例外などはありますが、
それによって、
安全に運転できる仕組みになっています。

それに引き換え、
電車はどうでしょう。

ルールはあるものの、
モラルがない。

他人と自分との境界線が
わからない若者が多い。

と感じてしまいました。

駅での待ち合わせも例外ではありません。

サークルか何かの待ち合わせなのでしょう。

通路のど真ん中い15名くらいが
大きな鞄を持って
集まっています。
それが他の通行人にとって
どれだけ妨げになっているかを
想像できないのでしょう。
集団に入ってしまうと
見えなくなってしまうことも
あるでしょう。

子どものキャンプでも、
公共の場での集合にはとっても
気を遣います。
通行人の邪魔にならず、
トイレに近く、
安全なスペースに
スムーズに移動できるように
あらゆる情報を頭に入れて
歩いていきます。

自分の行為を
子どもに置き換えて
見ることで、
社会とのかかわりが見えてきます。

先程のど真ん中集合サークルに
キャンプのボランティアが
一人でもいれば、
きっと
「もうちょっと端っこに集まろうか」と
声をかけるはず。

そして、
「もっと端っこに集まらないと迷惑だよ」と
直接言えない私。


posted by ぱり at 07:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

ドーナツとカフェオレ

何か新しいことを考えたい時は、
「場」を変えます。

それは、静かな場がいい時もあれば、
騒々しくても集中できる場もあります。

私がよく使うのは、
「ミスド」。
理由は簡単。
甘い物好きだから。
そして、
カフェオレのお替り自由が、
決定打!

場を変えることで、
集中することができます。

集中することで、
クリエイティブになれます。

だから、
集中することのできる
自分だけの「スイッチ」を
持つこと。

ドーナツとカフェオレが「スイッチ」です。





posted by ぱり at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

やらせればできる

若者山村留学で
霧降に来ている青年といっしょに
食事作りをしています。

初めは、
包丁の使い方など、
見ているほうが怖い
という感じで、
ついついこちらが手を出してしまう。
そうすると、
片付けは彼の仕事になってしまう。

そんな状況が続きましたが、
今日は、分担して、
5人分のラーメンを作ってもらいました。

時間はかかるけれど、
ちゃんとできました。

CIMG9983.JPG

「ラーメンぐらい」と
思うかもしれませんが、
5人分のラーメン作ることは
なかなか難しい。

でも、
やらせてみればできる。

こちらの大きな気づきでした。

「できないのではなく、やらせない」
のでした。
「できない」と思い込んでいるのは
私たちでした。。
その思い込みが
本人をも「できない」と思い込ませてしまう。

でも、
やればできる。
やらせればできる。

結果を求めず、
挑戦すること。
その気持ちをこちらがもっと持つべきできた。

それにしても、
うまいラーメンだった。

posted by ぱり at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

新しい価値観

本当にやりたい!ことプロジェクトの
打ち合わせを行ないました。

プログラムの内容を合わせるのではなく、
「お互いの価値観をこのプログラムでどう表現するか」
を話しました。

ねらいを確認し、
そのねらいを達成するために
何をすべきか。

それを話し合っているうちに、
自然と「価値観」の話になっていきます。

そして、
その価値観は、
常に変化し続けていくもので、
新しい価値観を生み出すことで、
よいプロジェクトになっていくという
予感がします。

週末の「フリーキャンピング」は
スタッフも本気でのぞみます!
posted by ぱり at 00:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

剪定作業

本日の作業は、
剪定。

通り道に出すぎた枝を
ノコギリや剪定ばさみで
切り落としていきます。

「出すぎた」なんて、
人間の勝手な基準です。
太陽に向かって、
必死に枝をのばす樹木には、
本当に申し訳ない。

ここ数週間の間に、
緑が濃くなり、
多くなり、
生い茂っています。

気がついたら、
木々の枝も、葉っぱも
たわわになっていました。

そして
これからは梅雨の季節。

からっとした空気の
抜けるような青空の時期は
あっという間に過ぎていきます。

これもまた、
人間の勝手な考えですが。

人間がどう考えようが
自然は自然のサイクルを回しています。
だから、
バランスが保たれています。


剪定した枝達は、
捨てるのが申し訳ないので、
子ども達の遊び道具に
変身してもらいます。

次回の放課後レインボーが楽しみ。
posted by ぱり at 18:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

マルコ終了

6月6日〜7日に
「マルコプロジェクト」を
ここ霧降校にて行ないました。

なんと言っても、
エネルギーに満ち溢れた人たちが
たくさんいること。
それこそが最大の武器。

このエネルギーが
参加した親子にも伝わっていく。
頭だけではなく、
身体に、心に、全身に。

「人は必ず変われる」
マルコ代表の加藤秀視さんの言葉。

それを全身で伝えようとするアシスタント。

新しいエネルギーが生れて、
終了しました。

今回は、
フジテレビも同行していたので、
いずれ、放映されるでしょう。
その時はご案内します。

さて、
マルコの最大のねらいは、
「親子の愛と絆」を深めること。

言葉はとてもキレイですが、
実際に行動に移すとなると
なかなかできないことです。

参加した高1の女の子が言っていました。
「やっと本音で話せた」

親子の本音の会話。
特に10代後半から20代前半の
子どもにとって、
これほど大きな壁はないでしょう。
そして、
本音で会話できた時の
喜びと心強さは
人生を左右する大きな瞬間。

参加された皆さんにとって、
そして、
エネルギーを生み出した
アシスタントの皆さんにとって
ターニングポイントとなることでしょう。


posted by ぱり at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

先延ばしにしない

なんでもそうだけれど、
「先延ばしにしない」ということは
とっても重要でかつ難しい。

先に延ばすと
雪ダルマ式に仕事が増えていく。

これは仕事だけではなく、
キャンプでも同じ。

例えば、
子どもが靴のかかとを踏んで歩いている時。
トイレのスリッパを散らかしっぱなしの時。
そんな些細なこと。

その時に
その場で
話しかけなかったら
流されてしまう。

誰が流されるのか。

子どもではなく、
自分。
そんな時は、
何らかの言い訳を
自分にしている。

「たまたまかな」
「こーゆー子なんだよな」
「次見たら声をかけよう」

今できることをすることで、
未来にできる事が増える。

そのためにも、
先延ばしにしない。
posted by ぱり at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

段取り

段取りという言葉。
仕事でよく使うし、
キャンプをするときも良く使う。

段取りがいいといろいろなことが
スムーズに進む。

この段取りを組む力は
そのまま仕事の処理能力にも繋がる。

段取り8割。

確かに、
段取りができて
仕儀とがスムーズに進むと
快感でもある。

例えば、
大勢の食事の片付け。

他の人より
一歩先に動いて、
キッチンで
片付けの段取りを組む。

そうすることで
大量にくるお皿たちを
効率よく裁くことができる。

この時、
ついついにやっとしてしまう。


段取りのための一歩先。




posted by ぱり at 01:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

時間

若者自立塾とちぎの
32.1kmウォーキングが終了して
あっという間に1日が過ぎました。

ゴール後に決めた
「この1週間の行動目標」。

「ラッキー体操やっているかな」
「腕立てふせやっているかな」
「朝7:00に起きているかな」
「勉強しているかな」

みんなのその後が気になります。

そんな私の目標は
「1週間、毎日ブログを更新すること」

まずは、
自分が行動することからはじめます。


posted by ぱり at 00:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。