2010年01月23日

冬の自然体験2日目 スノーシュー

雪の中で
本気で遊ぶ1日の始まり。

スノーシューとは
雪の上でも埋もれることなく
歩くことができる道具。

CIMG2400.JPG

雪の上を歩くということは
どんなコースをも行くことができる。
その意味においては、
夏の山道とは比較にならないほど
行動範囲が広い。

どんな道を選ぶかも
自分次第。

CIMG2415.JPG

雪の中を登り歩くこと約1時間。
半分凍った湖の畔に到着。
CIMG2417.JPG

ランチは、
チーズフォンデュとミネストローネ。
冷えた身体を
アツアツのチーズが温めてくれます。
CIMG2421.JPG

CIMG2424.JPG

テーブルは雪を踏み固めて作った天然モノ。

そして、
ランチ後は、
落差30m強のソリ滑り&ボディ滑り。
CIMG2432.JPG

パウダースノーを
もの凄いスピードで満喫すると
足しか見えません。
CIMG2433.JPG

帰りの道は、
各々が自由にコースを決めて歩く。
行きの時よりも
みんな積極的に
四方八方に散っている。
そして、
急な雪の壁が現れれば、
そこを登りたくなる。
これぞ「本能」です!
CIMG2437.JPG

CIMG2442.JPG

CIMG2445.JPG

上を向くことは、
目標を見つめること。
深い深い雪と
全身で格闘しながら登りつめていきます。
でも、
自分が選んだコース。
自らの意思による行為。
だからこそ、
見ているみんなも応援したくなる。
冬の自然を「体感」した時間でした。

その「体感」を
コトバやイメージで表現すると
自分でも気づいていなかった
「体感」を知ることができ、
幸せが増えるのです。
CIMG2452.JPG

同じ体験を
同じ体感をしているからこそ
話せることがあり
笑えることがある。
それが何よりも「嬉しい」。
この嬉しさのために
みんな「ここ」に来ているんだろうなぁ。



posted by ぱり at 23:08| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。