2009年09月30日

いついつ日光 終了

1週間行なった
「いつ来てもいつ帰ってもいい日光自然体験」が
終わりました。

あっという間の1週間。
その名の通り、
来る人もいれば、
帰る人もいる。

バックグランドも様々。
家族のこと、
自分のこと、
将来のこと。
それぞれが、
それぞれの悩みや不安を抱えていました。

それはそれとして、
ちょっと横に置いておいて、
「今、この瞬間を楽しむこと」が
いついつの特徴であり、
最大の成果になりました。
「喜怒哀楽」の中の
まさに「楽」を共有できました。

今回の「出逢い」が、
参加したみんな、関わったスタッフにとって
きっとターニングポイントになります。
いやいや、ターニングポイントにしましょう。

Big Thanks
のりだー、白いごはん、みっちぃー、てふてふ、戦車、ぽん、元帥、ぐり、しばお、たこせん、はや、てつ、べっきー、こってり、ゆーみん、なおさん、こーじさん、はっくん。

20090930110750.jpg

posted by ぱり at 11:15| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

いついつ日光6日目

スペシャルプログラムのカヌーです。
朝から霧降でも霧が出ていましたが、
中禅寺湖に着いたときは、
真っ白。
濃い霧です。
気温も違う。
断然寒い。
IMGP6444.JPG

その分、
紅葉も進んでいて、
森に色がつき始めて、
秋の姿へ変化している真っ最中。

IMGP6489.JPG

IMGP6504.JPG

IMGP6446.JPG

お昼休みには、
カヌーの上から飛び込み。
IMGP6498.JPG

9月も終わろうとしているこの時期に
寒さを恐れず遊ぶ。

カヌーに乗っていても、
油断をしていると
前後左右あらゆるところから
水かけ攻撃が押し寄せてくる。

「もう、開き直るしかない」という
一言が参加者から出るほどでした。

冷えた身体を
温泉で温めて、
お見送り。

そして最後までいてくれる
参加者、スタッフとともに、
夜の遅くまで語り合いました。





posted by ぱり at 13:57| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

いついつ日光 5日目

やりたいことをやる。
いついつ日光の根底にある考え方。
だから、
寝たい人は寝る。
だから、
10:00まで爆睡の人も。
食べたい人は食べる。
だから、
朝から「昔話盛」のひともいる。
CIMG0881.JPG


午後からは、
隠れ3滝ハイク。

1本目の滝「丁字の滝」で、
事件発生。
IMGP2418.JPG

滝つぼで、
ちょっと滝の水に触れようとした参加者の
ポケットからスルっと落ちていった携帯。
あっという間に滝つぼの中へ!
ホワイトウォーターのため、
上からは確認できないくらい。
「あきらめるしかないよな」と
全員が思ったときに、
いきなりシャツを脱ぎだして、
「ちょっと行ってみます。」
IMGP2421.JPG

流れも強く、
底も良く見えない。

あきらめかけた時に、
発見!
「とったどぉー」。
IMGP2422.JPG

まさに奇跡。
携帯さえあれば、
データの復旧くらいはできるだろう。
希望をつないだ。

更に山奥へ進むと、
「玉簾の滝」。

多くの人は、
景色を楽しむ中、
全身で滝を楽しむ参加者も。
IMGP2425.JPG

IMGP2433.JPG

自然の中にいること。
緑を中に身をおくこと。
水の流れを見ること。
滝の流れを聞くこと。
沢の流れを触ること。

いろいろな悩みを抱えているけれど、
大事なことに気づく瞬間は、
こんな自然の中にいる時かもしれない。






posted by ぱり at 07:34| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

いついつ日光 4日目

いついつ初日の出大作戦!
キレイな日の出を見るために、
有志が朝5:00に集まり、
車で移動。

5:30きっかりに、
太陽が姿を現しました。
CIMG0796.JPG

CIMG0790.JPG

1年365日、
毎日昇る太陽だけど、
日の出を見るのはそのうち何回なんだろう。
毎日見られる光景のはずなのに、
なんでこんなにキレイなんだろう。
太陽はこんなに小さく見えるのに、
なんでこんなに温かさがあるんだろう。
眠気の覚めない頭の中で、
考えながら、過す時間。

CIMG0788.JPG

そのまま、
東照宮の早朝散歩へ。
CIMG0816.JPG

昼にはできないことをやろう。
ということで、
東照宮で逆立ち!
CIMG0804.JPG

二荒山神社、輪王寺もまわって
世界遺産を満喫です。
CIMG0826.JPG

朝が早かったこともあり、
午前中はゆっくり。

薪割りに挑戦したり、
ひたすら穴掘りをしたり。

過したいように過す。

「バキッ」と割れたときの快感がやめられない。
CIMG0830.JPG

福島と山形の出身2名がいたため、
「芋煮」を作って、
河原で食べました。
最高おかわり6杯!

CIMG0846.JPG

その後は、
放課後レインボーパークの子ども達と焚き火をしました。
火柱3mを目指して、
燃やす!
CIMG0875.JPG

夜は、
積み木を使って、
いついつの感想を表現。
人それぞれ、
感想も違えば、
表現の方法も違う。

IMGP2404.JPG

「ここに来た意味がやっとわかった」
その一言が
このいついつの意味を物語っています。



posted by ぱり at 09:58| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

いついつ日光3日目

この日の朝は、
別れの朝でした。

予定を変更して
延泊してくれた「のりだー」。
また来ます!と言って
帰っていった「白いごはん」。

来てくれてありがとう。


まだまだ楽しめるメンバーは、
ゆっくりめの朝ごはんを食べてから、
ツリーデッキでまたまたのんびりしました。
そして、
ツリーデッキの上に
ハンモックを設置して、
高度感たっぷりの
ブランコを堪能。
IMGP2338.JPG

気持ちいよいけど、
怖さもたっぷり味わえるので、
「ハラハラハンモック」と言う名前に決定。

ランチも
ツリーデッキで。
CIMG0737.JPG

午後からは、
大笹牧場へ。
平日の牧場は平和です。
CIMG0760.JPG

CIMG0758.JPG

CIMG0767.JPG

霧降高原道路の折り返し地点の
六方沢橋にて。
雄たけびタイム!
CIMG0743.JPG

夕食は恒例の「餃子パーティー」。
様々な具が仕込まれています。
CIMG0772.JPG

満腹の後は、
焚き火を囲んで、
いろいろなことを語り合いました。
CIMG0778.JPG

みんな、
想いを持っている。
その想いを表現する術をまだ知らない。
伝える相手を知らない。
だからこそ、
このプロジェクトに来ている。

ここにいることそのものが、
すでに意味のあることとして
何かを生み出している。

素敵な出逢いがあるのではなくて、
出逢いが何かを生み出すエネルギーになる。

そんな時間でした。
posted by ぱり at 07:16| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

いついつ日光 2日目

CIMG0683.JPG今日は、
マックラ滝へ行ってきました。
片道30分。
ちょっとしたアップダウンを歩いて、
小川に出ます。
CIMG0658.JPG

更に奥に進むと、
目指す「マックラ滝」です。
マイナスイオンが吹き荒れる滝つぼが
魅力の一つ。
CIMG0667.JPG

「ちょっとそこまで」のはずが、
みんなビショ濡れです。
CIMG0672.JPG


小川では、
水切り(石投げ)をしました。
CIMG0693.JPG

水切りのはずが、
いつの間にか、
大石投げに。
CIMG0683.JPG

CIMG0687.JPG

CIMG0694.JPG

霧降校に帰ってからは、
薪割り、テニス、野球と
その時の気分でやることを決めていきました。
CIMG0697.JPG

CIMG0699.JPG

テニスボールとテニスラケットで
6人で、
坂道で行なう「野球」に疲れたら、
おやつタイム。

もちろん作りたい人がいて、
食べたい人がいるから
できるこの時間。

ダッチオーブンを焚き火に
突っ込み20分で出来上がり。
CIMG0702.JPG

食べる時は、
争うように、
みんな、フォークを片手に
ダッチーオーブンからケーキを
むしりとります。
「うまい!」
CIMG0708.JPG

そして、
夜は、
気分を変えて、
山奥の暗闇で
豚汁ごはん。

本当は、
「満天の星空を見たい!」から始まった
森の中での食事ですが、
あいにく、雨がポツリポツリ。

それでも、
外で食べると美味しい!

ランタンを消した時の
夜の森の明るさに
びっくりです。


2日目に入り、
みんなの表情も変わりました。
柔らかくなった。
優しくなった。
笑顔になった。

でも、
今回は「いついつ」。
慣れてきた頃に、
別れが待っています。

帰る人、
まだ、楽しむ人、
そして、
新しく来る人。

「出逢い」と「別れ。」
が繰り返されるのです。


posted by ぱり at 10:16| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

いついつ日光スタート

いよいよ、
「いつ来てもいつ帰ってもいい日光自然体験」(いついつ日光)が
スタートしました。

集合が16:00のため、
この日は大きなプログラムは特になし。

みんなで夕食の準備をして、
いただきます!
CIMG0641.JPG

CIMG0643.JPG


初めて来た人、
連れてこられた人、
今日になって申込をしてきた人、
リピーターの人、
そして、
スタッフ。

それぞれが自己紹介をします。
自己紹介の項目はみんなで出し合った
みんなに聞きたいこと。
・キャンプネーム
・いってみたい場所
・好きなおやつ
・今一番不思議に思っていること
・やりたくないこと
・やりたいこと
・シェンロンが出てきたら・・・。
・血液型

この質問だけで
人となりが見えてくる。

この質問だけで
個性が見える。

そこに、
初めても、
リピーターも、
スタッフも、
関係ない。
CIMG0651.JPG

質問の答えを
紙に書き出します。
書き方は自由。
紙の使い方、
ペンの使い方、
順番、
すべて自由。
つまり、
正解ではなく、
回答を出すということ。
自分なりの方法で
今の自分を表現する。

CIMG0653.JPG


posted by ぱり at 06:55| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

秋の風

ここ数日で、
急に秋の風に変わりました。

カラッとしていて、
涼しくて、
ちょっと肌寒くて。

風が舞うと
どんぐりが一斉に落ちます。
トタン屋根の上に落ちると、
「パン!」という音がします。

ちょっと強い風が来ると、
「パン×20」です。

もみじも種を一生懸命飛ばしています。

まさに、
季節の変わり目です。

これから「秋」。

あっというまに「冬」。

posted by ぱり at 07:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

ツリーハウス 2日目

ツリーハウス作りも2日目です。
着々と進んでいきます。

今日のワークは、ペンキ塗り。
デッキとなる木材に、
ペンキを塗っていきます。

ムラなく塗るのが、
結構難しい。
CIMG0569.JPG

それでも、
子ども達も、
参加した方々も、
夢中になって塗ってくれました。
CIMG0562.JPG

本体も、
デッキを取り付けるための
基礎を組んでいきます。
CIMG0567.JPG

CIMG0579.JPG

お昼には、土台が完成!
高度感ある平均台が4本。
これはこれで、子ども達の遊び道具です。
CIMG0573.JPG

CIMG0576.JPG

土台の上に、
ペンキを塗った木材を張っていきます。
金槌で釘を打つ!
ひたすら打つ!
電動工具に頼らずに打つ!
CIMG0582.JPG

CIMG0588.JPG

そして、完成したツリーハウス第一弾のデッキ。
名称はまだついていませんが、
立派にできました。

作ったみんなで記念撮影。
いい顔してる!
CIMG0606.JPG

次回は、
10月17日、18日です。
いよいよ、木の上の家に取り掛かります。






posted by ぱり at 20:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツリーハウス作り いよいよ始動

NPO法人もうひとつの働き方ネットワークとの共催事業
「焚き火と山ゼミ」の連続企画
「ツリーハウスづくり」。
いよいよ始まりました。

9月〜11月までの4回連続企画です。

株式会社「家守」の坂本氏の指導の下、
一から手作りを目指します。

木の上にある家、
秘密基地のような、
隠れ家のような、
それでいて
懐かしくもあり、
夢を駆きたてるツリーハウス。

完成を想像しながら、
地味な作業を続けていきます。
CIMG0485.JPG

老若男女、
ツリーハウスに夢を託して、
大工仕事をこなしていきます。
しかし、
無理はせず、
自分達のペースで。
CIMG0505.JPG

CIMG0481.JPG

CIMG0478.JPG

この日のワークは、
デッキ作り。
ツリーハウス本体ではなく、
その下に設置するデッキの材料を
カットして、ヤスリをかけ、めんどりします。
ノコギリでの作業は、
腕にも腰にも負担がきます。
「昔の大工さんはすごいね」。
体験してわかる感想。

ツリーハウスを設置する木は、
広場にある松の木。
サマーキャンプで子ども達もツリーデッキを作りました。

設計やデザインは、
「家守」の坂本氏。
「日本の山を守るためには、
家作りを変えないとダメだ」ということを決意し、
大学卒業後、大工修行に入ったそうです。
CIMG0503.JPG

着々と進んで、
デッキの土台完成。
CIMG0523.JPG

夕焼けもキレイに見えた頃、
1日のワーク終了です。
CIMG0539.JPG

CIMG0542.JPG

夜は、
お楽しみの焚き火と舐め会。

いろいろな種類のお酒とおつまみで、
静かに盛り上がりました。

posted by ぱり at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

できることをできる範囲で。

先週、東京で行なわれた
「100kmチャレンジハイク」。

国際自然大学校の恒例行事になっているため、
多くの人が応援に駆けつけてくれる。
ちなみに、今年はは25回目です。

準備のため前日から関わる人、
サポートのためチェックポイントに出かける人、
ゴールの瞬間、参加者よりも大粒の涙を流す人。
いろいろな人がいます。

そんな中、
こんな人もいます。

前日の準備からスタート前までのお手伝い。
朝5:00に起きて朝ごはんを作り、
自分の想いを朝ごはんにつぎ込んで、
スタート地点から職場へ出勤していきました。

また、
土曜日の終電で来て、日曜日の始発で帰る人も。
参加者の顔を見ることもなく帰る。
チェックポイントで出すおにぎりを握ったり、
サポートスタッフが使う部屋をキレイに掃除してくれたり。
自分の出来ることを自分のできる範囲でやっていく。
そんな姿勢で応援してくれました。

100kmを歩いたからこそ
その姿勢ができる。
その積み重ねが
生き方まで変えてしまう。
だから、
25回もできるのでしょう。

100kmの様子は下記のブログでご覧下さい。
http://blog.canpan.info/nots_baru/
posted by ぱり at 08:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

押し上げの存在

東京にて、
「100kmチャレンジハイク」を行ないました。

参加者52名。
サポートスタッフ約35名。

大所帯でしたが、
その分、
生み出されるエネルギーも
大きく、強く、意味のあるものでした。

毎年、感動します。
感動が人をひきつけ、
感動が人を動かし、
感動が人を成長させます。



80kmを過ぎると
当然、身体はボロボロです。
時として心もボロボロです。
自分と向き合っている瞬間です。

そんな状態の参加者を
声をかけ、
元気付け、
ペースを作る
「押し上げスタッフ」がいます。

80kmも歩いてきた足は
なかなか動きません。
その動かない足を懸命にケアをして
歩ける身体にします。

目標時間を設定し、
それをチームのメンバーに伝え、
納得させる。

相手がどんなに苦しいそうでも、
笑顔で返して
歩かせる。

ゴールを目指して
一緒になって歩く。

「なんとか目標時間で入ってくれ!」という
こちらの想いを受け止めて、
「何とかします!」と
答えてくれる。

当然、
他のチームのゴールを
見ることはできません。

それでも、
胸を張ってこの役割を
毎年引き受けて、
そして、
結果を出してくれる
ササとこってりに感謝です。







posted by ぱり at 14:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

ツリーハウスに挑戦

9月以降の「焚き火と山ゼミ」は
なんと「ツリーハウス作り」。

11月までの4回連続コースで
霧降校の中の大きな松の木に
作ります。

設計や現場監督は
「家守」の大工さんが担当。

今から楽しみです。

詳しくは、
こちらを
→ http://m-net.jugem.jp/


 ツリーハウスをつくろう!
 9月19日からの連続ワークショップ in 日光
『ツリーハウスをつくろう!』

生きた木にふれて私たちは自然の一部なのだと感じ、住まいはこうやってつくられてきたのだという原点を学び、協力し合ってひとつのものをつくりあげる喜びを共有しましょう。
市民参加でつくる子どもたちのためのツリーハウスメイキングワークショップ・参加者本格募集開始です!

場所:日光霧降 栃木県日光市所野1547  
   国際自然大学校日光霧降校敷地内
日程:9月19日(土)20日(日)/10月17日(土)18日(日)
   11月7日(土)8日(日) /11月28日(土)29日 (日)
   *1日だけの参加も可能です。

参加費:2,000円(1日につき・1食+飲み物つき)
宿泊費:6,000円(2食+飲み物付き)
   (関係団体・協力企業の社員・会員・施主は1,000円割引き)

*小学生〜高校生の子どもは参加費・宿泊費ともに半額です。未就学児以下無料。子どもだけの参加はできません。
*要事前申し込み。対応可能人数に限度がありますので先着順で定員に達し次第締め切ります。
*見学のみの参加もできますが参加費は同額です。
*宿泊は、国際自然大学校日光霧降校が管理するロッジです。
 ロッジに入浴施設はありますが、
 近くのホテルに外湯の源泉かけながしの温泉もあります。
 別施設につき料金は各自でお支払いください。
 平成21年8月現在大人400円です。


posted by ぱり at 10:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

自立塾 4日目

最終日の今日は
朝からゆっくりモード。

ゆっくり起きて
ゆっくりご飯を食べて、
ちょっとだけ身体を動かす。

昨日の32.1kmウォーキングの
痛みをかみ締めながら、
1日を過します。


終わってみて、
あらためて思うことは、
どんな人にも
「可能性がある」ということ。
そのためにも
「動くこと」が一番の方法。

この4日間を過したことで
次のステップに動き出してほしいです。

posted by ぱり at 16:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自立塾 日光キャンプ3日目

3日目は、
恒例の32.1kmウォーキング。
今までの合宿では、
最終日にやっていましたが、
今回は3日目に変更。
そして、
スタートを宇都宮、
ゴールを霧降校に、
入れ替えて実施しました。
その理由は・・・。


スタートが9:30。
ゴールは18:30。
9時間の戦い。

ただ、
歩いただけじゃない。
歩きながら
自分の、
みんなの、
「I Love Me」を考え続け、
発表すること。
これを続けた32.1km。

IMGP2204.JPG

IMGP2210.JPG

IMGP2211.JPG

IMGP2217.JPG

IMGP2218.JPG

IMGP2219.JPG

IMGP2226.JPG

IMGP2241.JPG

全員が無事にゴールできたことを祝して、
ちょっぴり豪華なメニューで宴を開催。
歩いた自分にご褒美。
このためのコース変更でした。

IMGP2246.JPG

IMGP2248.JPG

IMGP2249.JPG

32.1kmを歩き切った
自分に
「I Love Me」。

32.1kmを歩き通した
みんなに
「We Love Us」。


posted by ぱり at 08:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

自立塾 日光キャンプ2日目

2日目。
のんびり、
リラックスの午前中。

夏の間、
子ども達のキャンプがあるため
撤収していた
霧降校のサロンを復活させ、
自慢の蔵書をお披露目。

あらためて、
広げてみると
違った角度から本が見えてきて
なんだかそれだけで嬉しい。
IMGP2182.JPG

予定にはなかったけれど、
40分の読書タイムに。
みんな、
しーんとなって
本の世界に没頭していました。
IMGP2178.JPG

午後は、
肉体運動系。
薪割りです。
今回のメンバーは
BIGサイズが多いので、
薪を力強く割っていきます。

IMGP2186.JPG

IMGP2191.JPG

午後はタマネギ染めも行ないました。
IMGP2198.JPG

IMGP2202.JPG



posted by ぱり at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自立塾 日光キャンプ

昨日から若者自立塾のメンバーが
合宿に来ています。

天気も良かったので、
いきなりメインの「沢遊び!」へ。
IMGP2128.JPG

冷たい冷たい沢の水と
キレイに勢いよく流れる水と
全身で遊んできました。
コピー 〜 IMGP2169.JPG

岩魚も見えるほどきれいな水。
「もうちょっとで捕まえられたのに!」
IMGP2150.JPG

たった1時間ですが、
それぞれのテンションが
一気に上がる瞬間でした。
コピー 〜 IMGP2157.JPG

冷えた身体を温めるために「温泉」に直行。
言い方を変えれば、
温泉に超気持ちよく入るための
冷たい冷たい「沢遊び」。でした。



夜は、
この4日間のテーマ発表。
2つはスタッフから、
1つはみんなで考えながら。

そこで決まったテーマ。
1.I Love Me  
   自分をほめてあげる、好きになれる瞬間を増やそう。
2.いいんじゃない Take it easy
   完璧じゃなくてもいいんだよ。
3.行動範囲FREE化
   Cゾーンを広げよう。


posted by ぱり at 13:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

太陽

今日から9月。

幸先の良いスタート。

太陽が
力いっぱい輝いています。
IMGP2127.JPG

太陽の力は偉大!
暖かさ、
光、
存在感。

東京などでは、
この時期のこの太陽は、
暑さの要因かもしれませんが、
今日の
ここ霧降では、
すべてを輝かせてくれるまさに「太陽」。
IMGP2126.JPG

9月に入り、
新しいことを始めようと思い、
朝の10分間、
散歩をすることにしました。

霧降校内の散歩は
登り坂と下り坂があるので
いい運動です。

7月の「ほんとうにやりたい!ことプロジェクト」で
始めた3分間の空想タイムも
この散歩の時間に行なうことにしました。
まずは、9月11日まで。
つまり、
東京校で行なわれる
100kmチャレンジハイクまで。
posted by ぱり at 08:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。