2009年07月30日

コトバ

「コトバに表現するのは難しいけど、
みんなに伝えたいことはある。」

あるキャンプのミーティングの時に
スタッフが言った言葉。

確かに、言葉にして伝えると
なんだか
物足りなさがあったり
もったいない気になったりすることがある。

言葉では、
伝えきれないストーリーが
いっぱいいっぱい詰まっているから。

確かに、
あのキャンプ場の「色」や「空気」を
言葉にして伝えろと言われたら
なんと答えればよいかわからない。
そのようなことが多いのがキャンプの良いところ。

そうならば
「伝えたいと思う気持ちを伝えることにしよう」
自分の持っている語彙の中から
適切な言葉をダウンロードしなくても
表現の方法はたくさんある。

そのうえで、
言葉の持つ力を使って、
伝えられることを伝えよう。

夏キャンプ本番!
これから
たくさんのドラマが生まれ、
たくさんの想いが積み重なり、
たくさんの感動が待っている。

posted by ぱり at 14:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

頼みごと

いつも頼み事をするのは、
切羽詰った時です。

自分の力では
どーにもならないような時。

自分のことで精一杯で
自分に余裕がない時。

守りに入ってしまって、
攻めの姿勢が砕けている時。

そんな時に
頼み事が多くなる。

他人の力を借りて、
事態を解決に向かわせようとする。

重要なのは、
力を借りる相手。

その相手のことをまず一番に考えなければ
うまくいかない。

自分に余裕のない時こそ、
相手に力を借りる時こそ、
相手の気持ちになって物事を考える。

8月が終わるまで、
走り続ける1ヶ月。

そのことを
アタマに入れて行動します。
posted by ぱり at 21:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

遊び心 爆発

子どものキャンプ中に
もの凄い雨が降ってきました。

これからドラム缶風呂を
沸かすというタイミングなので
子ども達は水着姿!

肌に雨粒があたると
痛いくらいの豪雨。

それにもかかわらず
子ども達は、
雨の中を飛び出したい気持ちでいっぱい。

そして、
スタッフの1人が
「行けぇ〜」
の一言。

みんな、
待ってましたとばかりに
飛び出して、
雨を満喫。

屋根から落ちてくる雨で遊び、
タープに降り積もった雨を流して遊び、
スタッフも巻き込んで遊び。

笑顔がすばらしい!
コトバで現すのは難しいけれど、
あえて言うならば、
「ワクワク顔」。

自然の力を
自分達の遊びに取り込んでしまう
子どもの力を見せ付けられました。

こんな雨だと、
ついつい、
「この後の着替えが・・・」
「風邪ひくといけないから・・・」
「コテージが濡れちゃう・・・」
などなど
先のことを考えてしまう大人の思考。
これこそが
子どもの遊び心にとっては
最大の難敵です。

そして、
指導者としての
自分にとっても。

posted by ぱり at 07:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

役割

人それぞれ、役割がある。

組織キャンプで言うと
ディレクターがいて、
プログラムディレクターがいて、
マネジメントディレクターがいて、
カウンセラーがいて、
本部スタッフがいて。

それらがうまく機能すると
よいキャンプが出来上がる準備ができる。

うまく機能しないと
ちょっとしたほころびが
大きな落とし穴を生んしまう。

うまく機能するためには、
適材適所がてっとり早い。

しかし、
今までにない経験をすることで
今までに見せなかった能力を発揮する人もいる。
それは本人も気づかない能力かもしれない。
だから、キャンプは面白い。

その意味では、
初めから適材適所で攻めるより、
やりながら進みながら適材適所へと
調整していく役割がいると
うまく機能し始める。

見えないけれど
重要な役割であり、
力の見せ所でもある。

posted by ぱり at 11:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

夏の自然体験 3日目

この2日間はプログラムが
満載で慌しく動いていたので、
3日目は、ちょっとまったり。

作戦タイムをして、
午前中は、
各自、やりたいことを
午後は、
みんなで滝を見て、
ソフトクリームを食べるという流れに。

薪割りの快感を知ってしまったメンバーは、
ひたすら斧を持って、木と対話。

大きな丸太に
何回も斧を振り下ろし、
みんなで交替しながら
割ったときの快感が
たまりません。

ランチは恒例のピッツァ。
IMGP1209.JPG

フツーのピッツァも作って食べながら、
じょじょにレベルをあげていきます。

フツーではいられない、
フツーでは楽しくない、
フツーでは美味しくない
という
「よりよいものを求めるスピリッツ」が
こめられたスペシャルピッツァも登場。
楽しみ方がすでに染み付いています。

霧降の滝では、
フツーの観光客を装って・・・。
コピー 〜 DSCF1245.JPG

あっという間に過ぎてしまった3日間。

個性派メンバー勢ぞろいで
緊張も
不安も
葛藤も
ありました。

楽しさも
美味しさも
ドキドキも
ワクワクも
ありました。

そんな喜怒哀楽を
共有できる「場」が
この3日間。

タコセン、トラ、ぽん、てふてふ、みっちー、はや、
ひらお、しゃんくす、こくまろ、ぴっころ、らっぱ、べっきー、
ハレルヤ、ゆーみん


来てくれてありがとう。
出逢えたことにありがとう。

9月に会う時までに・・・。

とら、目をそらさずにゆっくり考える。
はや、友人を連れて来る。
てふてふ、「あれ、少しやせたんじゃない?」。
ぽん、決着をつけて、でも、あせらずにね。
タコセン、毎朝起きたときに「ありがとう」。
みっちー、神の一手!
しゃんくす、マイクロソフトオフィススペシャリスト!
こくまろ、もう一度楽しくしゃべろう。
ひらお、今後の方向性を固める。
ぴっころ、相手が望んでいることを。
らっぱ、自分との関係を。
ゆーみん、9月には自分にご褒美を。
ぱり、毎日2分間「I in Now」のイメージを。

この3日間が原動力。
ここからがスタート。



IMGP1217.JPG


posted by ぱり at 07:46| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

夏の自然体験 2日目

2日目。
メインの沢遊び!

この日は、
もう1つ他の団体と合同で活動します。
その名も「焚き火と山ゼミ」。
老若男女が自然の中で遊びまくります。

そんな山ゼミ組を出迎えるために
フツーじゃないおにぎりをにぎります。

IMGP0988.JPG

ニヤニヤしながら、
カロリーメイトやピーナッツバター、
から揚げや梅干が並びます。

自己紹介の後、
お楽しみのおにぎりタイム。

みんな、
「???・・・」という表情のあと、
リアクションがきました。

そして、
念願の沢遊び。

ベビーカーなどフツーでは入らない場所へ、
みんなで進みます。
IMGP1013.JPG

そして、
水を見た瞬間に、
血が騒ぎ、
早速、入水。

やりたい!ことプロジェクトのメンバーは
昨日の滝修行があるので、
躊躇なく水に入っていく。
フツーの人は、
ゆっくりと
躊躇しながら。

この違いが面白い。

でも、
15分後には、
みんなでずぶ濡れ。
IMGP1017.JPG

滑り台ができたり、
飛込みができたり。
カラダ全身で沢を満喫。
IMGP1024.JPG

IMGP1041.JPG

IMGP1076.JPG

100%天然のウォータースライダー!
IMGP1111.JPGIMGP1113.JPG

IMGP1119.JPG

みんな子どものようにはしゃぎ、
子どものように遊びました。

目の前に
遊び心を刺激する環境があれば、
自然に活き活きとしてきます。
活き活きとすれば、
アタマにもカラダにもココロにもいい。

冷えたお腹には、
温かいシチュー!


老若男女の沢遊びは
無事に終了。
IMGP1129.JPG

大人も子どもも赤ちゃんも
自然のエネルギーをたくさん浴びました。
それをカラダに取り込むために
温泉へ直行。
この温泉がサイコーなんです。



夜は、
「自分につながる旅に出よう I in Now 」
をセントラルイメージにして、
今、ここに来ている自分のことを
1枚の模造紙に描き込みました。
IMGP1189.JPG

描くためには
考えます。

考えるためには
自分と向き合います。

辛いこともあるし、
出てこないときもある。

行ったり来たりの
どうどう巡りの時もある。

それでも
ちょっとずつ描き出してみる。

たまに
他の人のを覗いてみたり
読んでみたり
聞いてみたり。

そして、
ちょっとずつ描き出してみる。

すると
描ける。
ペンが動く。

うまいとか、
へたとか、
キレイとか、
地味とか、
そんなことは
関係ない。

自分のことを
描き出してみる事。
そこから
新たなスタート。








posted by ぱり at 10:22| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の自然体験1日目 フツーから抜け出せ!

暑い!
日光霧降も日差しが強くなると
暑い!そして蒸し暑い!
と思っていたら、
東京から来た参加者やスタッフは、
快適!涼しい!
を連発。
体の基準がその土地で変わっていきます。

さて、
『本当にやりたい!ことプロジェクト』
「夏の自然体験」です。

暑さに負けず、
雨にも負けず、
滝にも負けず、
自然の中で
たっぷり遊びました。

初めての人も
リピーターも、
最初は「ドキドキ」です。
もちろん迎え入れるスタッフも「ドキドキ」。
自己紹介を1枚の模造紙に書き込んでいくと
なんとなく、その人の「ひととなり」も見えてくる。
IMGP0883.JPG

「今日、何しようっか?」
という問いに、
「滝!」の返事。
隠れ3滝の一つ、
マックラ滝に行ってきました。
IMGP0905.JPG

フツーのハイキングではなく、
体感(耐寒?)ハイキング。

滝を120%満喫です。
IMGP0913.JPG

IMGP0917.JPG

最初の「ドキドキ」はどこえやら、
滝に吸い込まれていくように
びしょぬれ。
もしろん、フツーの格好でしたが、
関係ない!
滝を見て、
体が動く。
その時、
「フツー」なんて概念は
関係ない。

そして、
霧降校に帰ってからも
水水水。
IMGP0964.JPG

100%露天のドラム缶風呂も満喫。
IMGP0979.JPG

あっという間の1日でした。

夏の3連休。
フツーの人はどんな休みなのでしょう。
フツーの人はどんな時間の過し方なのでしょう。
フツーの人はどんな時間の流れに身をおいているのでしょう。

ここ霧降では、
このプロジェクトでは、
「フツー」から一歩抜け出るための
過激な瞬間と
優しい時間が
流れています。

ちなみに、
夕食は、
スペシャル餃子!
もちろん
「フツー」の具ではありません!

あー、フツーの餃子が食べたい!








posted by ぱり at 07:28| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

挑戦してみました

昨日は、
午前中、レインボーパーク、
午後は、合同説明会に行ってきました。

説明会は、
宇都宮市青少年自立支援センター「ふらっぷ」の主催です。

10名の方が参加されました。

その際に、
I MaindMapというマインドマップのソフトを使って
説明しました。

このような説明会で使用するのは初めて。

おそらく、
見ている人、聞いている人は
馴染みのない動きに
慣れるまで大変だったかと思います。

反応は・・・?


何はともあれ、
やってみての感想。

パワーポイントに飽きた人にはいいのかな。
ということ。

思考の連続性を保つには
ブランチが伸びるマインドマップは
向いていると思います。

一番は、その意外性ですが。

今後もいろいろな場面で用いて
バージョンアップしていきます。

posted by ぱり at 08:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

カヌーツーリング

7月4日〜5日、
「カヌーツーリング」を行ないました。
といっても、
カヌーは5日のみ。

4日は、霧降校での非日常体験です。

夏の定番、そーめん流しでお昼ご飯。
IMGP0340.JPG

定番ですが、
きのこが流れ、
キュウリが流れ、
トマトが流れ。

そして、
午後からは、
リアル鬼ごっこ。

みんなでルールを決めながら、
2チームに分かれて、
対抗戦です。

必死です。
本気です。
坂道、キツイです!
心臓が口から飛び出るくらい
走り、緊張し、盛り上がりました。
ちなみに、つかまったら、牢屋で待機。
IMGP0363.JPG

おやつは手作りバームクーヘン!
リアルで必死な体験をした後は、
みんなとっても協力的。
食べるために必死?
IMGP0367.JPG


夜は、
「やりたいこと!」を言いたい放題言いまくる。
旅に出たい、
休みがとりたい、
うまいものが食べたい
というものから、
革命、
ラピュタ、
風になりたい、
まで
いろいろいろいろ出ました。
出すことで、
表現することで、
その人の価値観にふれることができました。
IMGP0429.JPG

IMGP0430.JPG


2日目はいよいよカヌー。

湖面に浮かんでしまえば、
あとは、
自分で漕ぐのみ。
IMGP5630.JPG

うまく進まない
まっすぐ行かない、
腕が疲れる。

などなど、
紆余曲折あるけれど、
「あっ」とか
「わっ」とか
いう瞬間がある。

IMGP5571.JPG

そして、
普段では見えない風景、
つまり、
普段は歩道や車道から見ている
「向こう側の風景」に
自分がいること。
それが新鮮な感覚。
IMGP5598.JPG

IMGP5612.JPG

途中、「沈」するメンバーもいて、
開き直りが
カヌーの極意であることが
証明されました。


「やりたい!ことをやろう。そしたら、何かが掴める。」
そんなことを感じた嬉しい楽しい2日間でした。


posted by ぱり at 06:46| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

雨の日光

霧降特有の天気です。
霧がかかり、
ウェット感たっぷりの
涼しい空気。

そのウェット感を
森の緑が
更に濃くしています。

緑が茂り、
森全体が
大きくなったように感じます。
成長期の子どものように。

いよいよ今日から明日にかけて
「本当にやりたい!ことプロジェクト」
カヌーツーリングです。

個性的なメンバーは集まります。

個性的なプログラムになりそうです。

個性的な食事になりそうです。

そして、

個性的な「場」が生れます。


posted by ぱり at 07:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

そーめん流し大作戦

6月の梅雨の空模様を
吹き飛ばすために
今回のレインボーパークでは
「そうめん流し大作戦」を決行しました。

いつものように、
外では自由な遊びが始まりました。

野球・チャンバラ・クワガタ探しツアー・滑り台・ハンモック・ごろごろ などなど。

本当の意味での自由である「自分達でルールを決める自由」がここにはあります。
そして、
あるものを工夫して使って遊ぶ遊び心があります。

IMG_5592.JPG

作戦開始は、11時から。
作戦名。『レインボーそうめん作り』
くじ引きで班を決め、
ふだんあまり関わっていなかったお友達とも関わりながら
作っていきました。
こねて、踏んで、ねかします。
薄く伸ばして切っていく作業は一苦労。
IMG_5552.JPG

IMG_5616.JPG

交代で作業を行ったり、
ボウルを支えたり、
一緒に机に伸ばした生地を
はがしたりする姿が見られました。
IMG_5546.JPG

IMG_5624.JPG

中には、年上の子が年下の子を手伝いながら
一緒に作業することもありました。
IMG_5564.JPG

IMG_5631.JPG

お昼はもちろんレインボーカレー。
IMG_5604.JPG

そして、遂に「そうめん流し」決行!
まずはレインボーそうめん。
もちろん、細長い麺状のものもありますが
やけに太かったり、丸いものもありました。
変わりだねはゼリーが大人気
いつものそうめんはつかみやすい。食べやすい。
IMG_5662.JPG

IMG_5680.JPG

勢い余って
飛び出してしまったそーめん達を救出して
お片づけ。
IMG_5689.JPG

「流しそうめん」ではなく「そーめん流し」。

みんなで、
ワイワイキャーキャー言いながら、
楽しく食べることがこのプログラムの魅力です。


posted by ぱり at 11:19| レインボーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。