2009年01月31日

冬の日光自然体感キャンプ

2009年になって初めてのプロジェクト、
「冬の日光自然体感キャンプ」が始まりました。
冬ですから、イコール雪なのですが、
ドンピシャで雨です。
なんとなく空気が暖かい。
もちろん、東京などから来た参加者には
充分寒いのですが、普段に比べると
「なまあたたかい」日でした。

よって、外での活動はあきらめて、
雨プロ(雨の日のプログラム)です。

トランプで「七並べ」。
ポピュラーな遊びなだけに
いろいろなローカルルール、
バージョンアップがあるので、
飽きずに白熱。
CIMG9446.JPG


昼食は特製チャーハンとミートソースパスタ。
特別にチーズ味のカールをトッピングすると
エビチリのよう。
CIMG9447.JPG


午後は、自己紹介をした後、
初詣へ。
2回目の「初」詣の人もいましたが・・・。
二荒山神社へ行くと、我々の貸切でした。
CIMG9455.JPG

せっかくの「貸切」なので、
「東照宮の前で鬼ごっこをしよう」という提案が
出ましたが、敢え無く却下!
CIMG9460.JPG

夕食は、3チームに分かれての
クッキングコンテスト。
材料費1,000円の中で
@美味しくA奇抜なBきれいな
料理を作り上げます。
CIMG9463.JPG

CIMG9465.JPG

できた作品は
海鮮野菜炒め、納豆チーズ餃子、いろいろ餃子、納豆と山芋のハンバーグ、カイワレのゆば巻き、納豆オムレツ、お菓子アイス。
レギュラーメニューのハヤシライス。
CIMG9468.JPG

いつものように満腹。
1,000円でこれだけのメニューができることに感動。

楽しい=満腹=幸せ。

日光方程式、今日も健在です。

夜は、いろいろなテーマを
みんなで語り合い、笑い合い、議論し合い、
それぞれの価値観を垣間見ました。



posted by ぱり at 00:25| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

雪から晴れ

昨晩から今朝にかけて雪が降りました。
ここのところ暖かい日が続いていたので
周辺の雪すべて解けていたのに。

CIMG9440.JPG


でも、
日中は太陽が出たおかげで、
朝、降り積もった雪は
ほぼすべてなくなってしまった。

週末の天気が心配。
でも、天候も
「ありのままの自然」を
受け入れることで、
楽しくもなる。
と自分に言い聞かせています。


posted by ぱり at 22:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

マインドマップで自己表現力UP!

今年度最後のプロジェクト。
そして、今までにないプロジェクト。
マインドマップという手法を用いながら
コミュニケーションを促進し、
若者が子ども達のために、
そして、社会のために一歩を踏み出す。


表現プログラム
『マインドマップで自己表現力UP!』
表現・発想・思考ツールである「マインドマップR」をフル活用して、
子どものための自然遊び場「レインボーパーク」を企画し、
実際に運営してみよう。
子どものために、社会のために、そして自分達のために、
今、自分達ができること。
それを楽しく豊かにみんなで考え、表現します。

●内容
1日目…マインドマップRの基礎講座:公認インストラクターを招いて基礎講習。「うまい」とか「へた」ではなく、どのように表現するかを楽しく学びます。
2日目…レインボーパークを企画ミーティング:子ども達が満足する遊び場を考えて検討して話し合って準備します。この1連の流れをマインドマップRを活用して行いコミュニケーションを促進します。
3日目…レインボーパークの実施運営:実際に日光市内の子ども達を集めて、企画したことを実践します。
※様々な事情により、予定を変更することもあります。
●日時:2009年2月20日(金)〜22日(日)
●会場:日光霧降校(栃木県日光市)
●参加費:6,000円(宿泊費、食費、保険代)
●対象:16歳〜30歳前後の若者
     新しいことにチャレンジしたい方
     コミュニケーションが苦手だと感じている方
     人のために何か役に立つことをしたいと思っている方
     仕事や学校で人間関係をもっと円滑に構築したい方
     自然が好きな方、子どもが好きな方
●ゲスト:内山雅人氏(マインドマップ公認インストラクター)
●スタッフ:本当にやりたい!ことプロジェクトメンバー
●宿泊:日光霧降校 コテージ
●持ち物:防寒着、宿泊に必要な着替え、雨具
●申込:まずはメールやお電話でご連絡下さい。
     NPO法人国際自然大学校 日光霧降校 担当:金井
     〒321-1421 栃木県日光市所野1547
     TEL/FAX 0288-50-1175
     E-mail: s_kanai@nots.gr.jp
★マインドマップRってなあに? → http://www.mindmap.ne.jp/
  マインドマップは、英国の教育者トニーブザンが開発した思考技術です。それはまさに自然を模倣したかのようにノートをとる方法で、理解力、記憶力、発想力、問題解決力をはじめとした様々な脳の力を一瞬にして引き出します。
★レインボーパークってなあに? → http://nikkoukiiruri.seesaa.net/
 レインボーのように、色々な色、個性、背景の人々が集まって、楽しく、有意義な時間を過ごして欲しいという想いから、レインボーパークをいう名称をつけました。子どもも大人も幼児も若者も「あるがままの自分」を大切にできる場を目指し、『子どもらしく大いに遊ぶ』をコンセプトに、様々な体験をしていきます。

posted by ぱり at 18:14| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンポジウムのご案内

若者自立支援のシンポジウムのご案内です。

若者の「働く」と「自立」を考える
〜なぜ、若者は社会から乖離してしまうのか〜

●日時:2009年2月14日(土) 13:00〜16:30
●会場;栃木市皆川公民館
●参加費:1,000円

●基調講演
「現代に生きる若者の苦悩と保護者のできること」
●講師:斉藤環氏(精神科医。ひきこもりの言葉が社会に認知されるきっかけを作った。社会的支援の必要性を訴えてこられた第一人者。著書に「社会的引きこもり」(PHP新書)、「ひきこもり救出マニュアル」など
●パネルディスカッション
「自立をかなえる3要素」
●コーディネーター:工藤啓氏(NPO法人育て上げネット。若者の社会参加と経済的自立を目標に、就労支援事業を展開。行政、民間。企業と積極的に連携をしている。)
●パネラー:阿部和子氏(NPO法人ハートネット理事長。保護者相談から若者の就労支援・キャリアサポートクラブを実施。若者のトータルサポートを目指して活動しています。)
●申込問合:NPO法人ハートネット 090-2620-0930 
●主催:NPO法人ハートネット 日光市今市507-5

posted by ぱり at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

まだ、間に合います。

本当にやりたい!ことプロジェクトの
1月のプログラム
「冬の日光自然体感キャンプ」まだまだ募集中。
普段では決して見ることのできない、
自然の姿を「お手軽」に見ることができます。

冬の自然に触れてみたいという方、大歓迎!

『本当にやりたい!ことプロジェクト』
「共感安心プログラム」
冬の日光自然体感キャンプ

寒い寒い冬の日光。
だからこそ、
日常では見ることができない
自然の姿、自然の楽しみ、自然の魅力に
出逢えることができます。
今まで知らなかった世界を
体と心で体験しましょう。
それが自然体感キャンプ。
でも、ちょっと寒いから、
コタツもお鍋もホットココアもありますよー。

内容:奥日光の森の中で、クロスカントリースキーやスノーシューを体験します。雪の中で思いっきり遊び、雪まみれになってから、温かい温泉に!
★クロスカントリースキーとは、歩くスキーと言われるスキーで踵が外れて自由に歩きまわれるスキーです。
期日:2009年1月30日(金)〜2月1日(日)
集合解散:東武日光駅もしくは、日光霧降校
参加費:6,000円(宿泊費、食費、保険料)+備品レンタル料2,500円(クロスカントリースキー及びスノーシュー)
宿泊:日光霧降校コテージ(※暖房つき。テントではありません)
持ち物:スキーウエア、ゴーグル、グローブ、ニット帽、長靴(お持ちの方)、防寒着(セーターやフリース)
対象:自然の中で自分を開放したい方、
様々な悩みをお持ちの方、
新しいことにチャレンジしたい方
など概ね16歳から30歳前後。
スキー経験はまったく必要ありません。
申込:まずは、メールで仮申込をお願いします。その後、申込書に必要事項をご記入のうえ、郵送またはFAXにてお送り下さい。
※申込書記入の際に、身長と足のサイズ(レンタル用)をお知らせ下さい。
問合先:NPO法人国際自然大学校日光霧降校 金井
     TEL/FAX 0288-50-1175
     e-mail:s_kanai@nots.gr.jp

posted by ぱり at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

レインボーパーク 焚き火大作戦U

今年度最後となるレインボーパーク。
小雪のちらつく中、いつものように
遊びまくりました。

焚き火大作戦。
何か、特別なことをやるかというと
まったくそんなことはなく、
焚き火というだけで、
子ども達は充分に楽しめます。

まずは、
焚き木拾いから。
敷地内の折れてしまっている枝や木々を
拾います。
CIMG9308.JPG

誰が点火するかでいつもモメますが、
今日はこっそりこの二人が先取り。
CIMG9314.JPG

他の子ども達は、
拾ってきた枝で弓を作ることに集中。

これは5月にやったバンブークラフトの成果!
自分達で輪ゴムを使って遊び始めます。
CIMG9316.JPG

炎の勢いを最大限にしたい!
でも、ちょっと熱い!
CIMG9321.JPG

火がつくと、今度は
火遊び開始。
いろいろな遊びを思いつく
子どもの想像力と創造力に
いつも感嘆。
CIMG9330.JPG

CIMG9332.JPG

CIMG9355.JPG

最後のレインボーカレーは、
たまごつき。
ちなみに今回の隠し味は、
まいたけ、しめじ、きのこの山(チョコのお菓子)、
ヨーグレット(お菓子)、チキンラーメン、シーフード、
ゆば。
いたってシンプル!
CIMG9362.JPG

このレインボーパークは、
可能な限り、子ども達が主体となって
遊べるようにしてきました。
だから、
「学校や家庭では怒られるけど、
ここならいい。」という
暗黙知がたくさんあります。
この暗黙知を知ることで、
遊びから学ぶということの
一つになると思います。

レインボーパークは
これでおしまいではありません。
ちょっとずつバージョンアップして
また開催したいです。







posted by ぱり at 17:40| レインボーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

少数派のたまご

日中は太陽があがるので
温かく感じていても、
やはり朝晩は冷え込みます。
今朝の気温は-5℃。
張り詰めた空気が肌を刺すような感覚です。
CIMG9296.JPG


昨日、市民活動センターを通じて、
たまごをいただきました。
栃木県のボランティアのネットワークのなかで
環境負荷の少ない「平飼い」という方法で
たまごを生産している「ひのき山農場」から
ご提供いただいたもの。

■少数派の飼育法
生後1日目のひよこから育成を始めます。
小屋の中で放し飼い(平飼い)にされているので、
鶏の体は締まり、
免疫性が高くなります。
この健康的な体からクセがなく、
プルプルした食感の卵が産れます。

■少数派のオリジナル飼料
地元産の粉が小さい大麦、小麦、折れたパスタ
白と黒が混ざったゴマ等々。
食品の製造過程で出てくる
様々なロス品を上手に使い、
栄養バランスのとれた飼料を
農場でブレンドしています。
抗生物質などの薬剤を一切使用していない飼料で
ヒヨコかのときから育っているので、
たまごも肉も安心して食べられます。
(以上、ひのき山農場パンフレットより)
CIMG9303.JPG

美味しいだけではなく、
ひのき山農場のキーワードでもある
「継続性」が生産過程でしっかり組み込まれている
のがこのたまごの付加価値。

いただいたたまご、その数なんと160個。
さっそく週末のレインボーパークで、
レインボーカレーの一品として
使わせていただきます。
CIMG9299.JPG
posted by ぱり at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ナウシカのあの場面

先週末は、知的に障害のある子ども達の
キャンプを行なってきました。

主に広汎性発達障害(自閉症)の子ども達が、
2泊3日の日程でスキーをします。

朝、集合してからバスに乗ります。
しかし、決められたバスの座席に嫌がる子もいます。
そして、パニックを起こし、たたいたり、噛み付いたり。
私も腕を噛まれました。

でも、「好きな席でいいよ」と言ってあげたり、
一緒におやつを食べたりしているうちに、
ちょっとずつ関係ができていきます。

それでも、時々暴れたり、噛み付いたり。
そんな時は、思いっきり噛み付かせて
あげることにしました。
その後、ギュッと抱きしめてあげる。
そうすると、身体の力がスーッと抜けるようになって、
落ち着くのです。

宮崎駿の代表作『風の谷のナウシカ』にも
こんな場面がありますよね。
冒頭のシーンでナウシカがキツネリスのテトに
噛み付かれるシーン。
ユパ「これこれ手は出さん方が良い。チビでも凶暴だ。」
ナウシカ「おいで。怖くない。怖くない。」
テトがナウシカの人差し指に噛み付く。
ナウシカ「ほら、怖くない。ね。」
テトがナウシカの指をなめる。
ナウシカ「おびえていただけなんだよね」

まずは全身で受け入れてあげること。
受けとけてあげること。
そうすることで、
こちらも受け入れてもらうこと。
信頼関係を作るというプロセスを
あらためて学んだ3日間となりました。



posted by ぱり at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

今日は雪です。

明け方から雪が
さんさんと降っています。

じょじょに見渡す風景が
白く塗られていくと、
本格的な寒さ到来と言った感じです。
おまけに、空も真っ白。
空から降る雪が
多くなったり、
少なくなったり、
大きくなったり、
小さくなったり。

先日まで、
新潟県湯沢にある土樽という地区で
雪遊びのキャンプをしていました。
積雪1m50cm。
かまくら作りやソリ遊びを満喫しました。

そこに住むおじいさんの話。

「雪は音を吸収する。だからとても静かになる。」

自然の中で、
自然と共に、
生きるということは、
そういうことなんだろうなと
実感しました。
posted by ぱり at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

ついに最終日。

年越しキャンプも最終日。
年越し正月疲れが若干見える子ども達。
アスレチックをしに行こうという
「小吉兄弟」と
こたつでぬくぬくしたいという
「大吉姉妹」で意見が分かれたため、
公園にこたつを持ち込んで、
ぬくぬくすることに。

CIMG9249.JPG

なかなか見られないこの光景に、
お散歩途中のおばさんも大爆笑。

普段では決してできない、
いやいや、
決してしないことを
みんなでワイワイガヤガヤしながら、
やってしまった3日間でした。
posted by ぱり at 20:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

おせち、初詣、初すべり

大晦日にみんなの力作のおせち。
予想以上に美味しくできて、
元旦から満足の朝です。
CIMG9185.JPG

初詣には、
もちろん二荒山神社。
周辺の道路は大渋滞!
境内も人人人。
CIMG9189.JPG


初詣と言えば
「おみくじ」。
お年玉で買ってみたら・・・。

こちらは『小吉兄弟』
CIMG9197.JPG

そして、こちらは『大吉姉妹』
CIMG9203.JPG

霧降校に帰ってからは、
初すべりへ。
決定的瞬間!
CIMG9222.JPG

ちょっとしたことで大笑い!
すべてのことがネタになり、
みんなから笑顔が絶えない
2009年最初の1日でした。



posted by ぱり at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年を越して

2008年12月31日23時45分。
除夜の鐘を聞きながら、
厳かな年越し。

のはずはなく、
ワイワイガヤガヤの年越しとなりました。

それもそのはず。
みんなが手作りした、
「行く年ケーキ」と
「来る年ケーキ」があるから。
CIMG9143.JPG

まずは、チョコホイップでデコレートされた、
「行く年ケーキ」を一口。
次の一口の瞬間には、
大晦日格闘技スペシャルも顔負けの
乱闘騒ぎに。
CIMG9145.JPG

00時00分と同時に、
「来る年ケーキ」の争奪戦。
今年も、満腹でいられることに感謝。

朝は、早起きして、初日の出を拝みに出かけました。
「今年の初日の出は三角形!」という噂を確かめるため、
寒い中、おしるこを食べながら待ちます。
これでは、満腹日の出。
CIMG9153.JPG

CIMG9167.JPG

CIMG9182.JPG

posted by ぱり at 09:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。