2008年12月31日

大晦日、満腹フリーキャンプ!

昨日からの年越しキャンプは、
決まっていることは数少ない。

強いて言えば、
「みんなで決める」ことだけが決まっている。
なので、
作戦タイムを行なって、予定を決めていく。
その結果、2008年最後の1日の予定が決まった。

午前中は、「フリータイム」。
まったり、のんびり、ぬくぬく過ごす。
子どもは風の子というセリフはどこにもない。
CIMG9011.JPG

と言いながらも、2時間もまったりしていると、
身体が反応し始めるので、外遊びへと変わっていく。
強風の中での「たこあげ」や
氷割り競争や氷投げ大会などなどで盛り上がる。
CIMG9025.JPG

午後はいついつ恒例「チャンバラ大会」。
大人も子どもも関係なく、「燃えます」。
CIMG9035.JPG

そしておせち作りへ。
今回は、「栗きんとん」、「伊達巻」、「田作り」に挑戦。
みんなでおせちの作り方ブックを見ながら、
「あーでもない、こーでもない」と言いながら
作って、味見して、また作り直しての作業を繰り返す。
これが楽しい。

CIMG9096.JPG

CIMG9102.JPG

CIMG9120.JPG

CIMG9123.JPG

夜は、年越しパーティー!
「キッチンはむか」の手料理満載。
満腹キャンプ再び。
昨夜の鍋パーティーに続き、
今夜もパーティー。
「満腹は幸せの素!」。

CIMG9137.JPG

今の時刻は、22:02.
この後も、22:22に年越しそばを食べ、
23:45に行く年ケーキを食べ、
あけて01:23に来る年ケーキを食べる予定。
さて、いつまで起きていられるか・・・。

年越しそばを










posted by ぱり at 22:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

年越しキャンプ、スタート

今日から年明け2日まで、
年越しのキャンプを日光で行います。
いつ来てもいつ帰ってもいいキャンプの
日光スペシャルバージョン。

ちょこっと残った雪で
雪合戦、雪だるま作り、雪ダルマ転がし。
子どもの遊び心に火をつける雪の存在。
CIMG8984.JPG

CIMG8991.JPG

夕日が沈むまで外で遊びました。
この夕日もあと1回沈むと2008年もおしまいです。

CIMG8994.JPG

突然、日光霧降校に外国人さんが現れて、
タクシーを呼んでほしいとんこと。
よく聞いてみると、神橋に行くらしいことが
わかったので、一緒に行くことに。
ちょっとした国際交流。
フランスから来ていること、
飛行機のパイロットであること、
明日まで日本にいることがわかった。

CIMG8999.JPG

夜には山梨県の日野春からあらたに3名合流。
初日は鍋パーティーをしました。
ん?見慣れない具がちらほら・・・。

CIMG9006.JPG




 
posted by ぱり at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生のターニングポイントに

12月の『本当にやりたい!ことプロジェクト』は
「ライフプランニング」です。
今までの、自然の中での活動とは一味違う3日間でした。

今の自分の価値観(大切にしているもの、こだわっているもの)を
確認し、
そこから、
将来の自分のビジョンを描き出す作業です。

それを楽しくやるのが、このプロジェクトの流儀!

頭の中で悶々と考えているだけでは、
明るい未来は描けない。
楽しく、人と関わりながら、自分のことを真剣に考える。
CIMG8727.JPG

我々スタッフも全力のサポート。
今回は、キャリアカウンセラーの肉じゃがにも
特別参戦していただきました。
日本初、肉じゃがを作りながらキャリアカウンセリングしてます。
CIMG8725.JPG

自分だけではなく、
人と話をしながら、
でも、自分の中から、
自分の将来を決めていく。
親でもなく、
先生でもなく、
仲間として、
関わっていく。

CIMG8771.JPG

それぞれのビジョンを紹介しましょう。
「感謝される料理を作る」
「Original Lifestyleブランドを立ち上げる」
「ひきこもりの本人や家族の方が生活をしていくためのお手伝いをする」
「障害児と生活」
「農ある暮らしをします!」
「心理カウンセラーで月収30万」
「歌って踊れる笑顔のお母さん」
などなど。

このビジョンに至るまでの
道のりがそれぞれの人生のバックボーンです。
このビジョンが「絵に描いた餅」にならないように
明日やることを決めていきました。

自分が行動することで動き出すビジョンもあれば、
時間やいろいろなサポートが必要なビジョンもある。
だからこそ、
今の想いをぐっとココロの中に持っていてほしい。

そして、10年後に
「あのライフプランニングが
ターニングポイントだったんだ」と思えるように
なってほしい。



posted by ぱり at 18:25| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ネイチャークラフト

2008年最後の
レインボーパーク。

当日、朝は、かなりの冷え込み。
広場は雪に覆われていました。

そうなると、その斜面を使って、ソリ滑り。
うっすらのついている雪だけど、
予想以上にスベル!
CIMG8831.JPG

CIMG8833.JPG

ソリ遊びも二人乗り、三人乗りへと
どんどんエスカレート。
遊びが遊びを生みます。

寒くなったら、今度はコタツ。
みんなで入って、
暴露大会。
このアタリのテンションが、
地元の子ども達のつながりと強さ。
CIMG8847.JPG

ランチは恒例のレインボーカレー。
今回の隠し味!
チーズ、ヨーグルト、丼の素、明治の館特製のタレ、柿、リンゴ、
ゼリー、ココア、チョコ、クレイジーソルト、クルトン、100%梅ジャム、たまり漬け、シーフード。
CIMG8858.JPG

午後はさっそくネイチャークラフト。
クリスマスにちなんで、
自然素材を使ったクリスマスリース。
なんて、小洒落たものは、
学校や工作教室でやっているのでやめて、
チーム対抗落とし穴クラフトに決定!
地球というネイチャーに穴を掘り、
いろいろな工夫を加えてクラフトする。
まさに、ネイチャークラフト。


まずはスコップで小さな小さな第一投。
CIMG8868.JPG

チームは男子VS女子。
土の固さに困った男子チームは、
水を入れて、土を柔らかくする方法を考え出しました。
CIMG8870.JPG

最初のうちは、一輪車で運んでいた水も、
ホースを使って、本格的に。
CIMG8887.JPG

その水も、「掘るため」ではなく、
落とし穴の材料にするようになると、
あたりはどろんこだらけ。
CIMG8884.JPG

女子チームは着実に深くなっていく穴を
どうすれば隠せるかを考え、落ち葉作戦にしました。
CIMG8889.JPG

CIMG8894.JPG

計画的な女子とは、対照的に
男子チームは、水の掛け合いや女子チームの
真似事をして、彼らなりに楽しんでいる様子。

CIMG8901.JPG

「試しに入ってみろよ」の一言に、
落とし穴に自ら入る。
予想以上に深く入るどろんこにみんな大興奮。
CIMG8909.JPG

女子チームも完成すると、
男子を呼んで、実験!
CIMG8944.JPG

それぞれ、どろだらけになったり、
落ち葉まみれになったり、
と楽しい、そしてエキサイティングな1日でした。

遊びが遊びを生む。
その過程で、
子ども達の
いろいろな創意工夫があり、
いろいろな人間関係があり、
いろいろなやりとりがあり、
いろいろな実体験があり、
いろいろな感触があり、
そんな中で、
自然に成長していく。
そんな子ども達の姿が来年も見れますように。







posted by ぱり at 09:28| レインボーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

冬の日光自然体感キャンプ


『本当にやりたい!ことプロジェクト』
「共感安心プログラム」
冬の日光自然体感キャンプ

寒い寒い冬の日光。
だからこそ、
日常では見ることができない
自然の姿、自然の楽しみ、自然の魅力に
出逢えることができます。
今まで知らなかった世界を
体と心で体験しましょう。
それが自然体感キャンプ。
でも、ちょっと寒いから、
コタツもお鍋もホットココアもありますよー。

内容:奥日光の森の中で、クロスカントリースキーやスノーシューを体験します。雪の中で思いっきり遊び、雪まみれになってから、温かい温泉に!
★クロスカントリースキーとは、歩くスキーと言われるスキーで踵が外れて自由に歩きまわれるスキーです。
期日:2009年1月30日(金)〜2月1日(日)
集合解散:東武日光駅もしくは、日光霧降校
参加費:6,000円(宿泊費、食費、保険料)+備品レンタル料2,500円(クロスカントリースキー及びスノーシュー)
宿泊:日光霧降校コテージ(※暖房つき。テントではありません)
持ち物:スキーウエア、ゴーグル、グローブ、ニット帽、長靴(お持ちの方)、防寒着(セーターやフリース)
対象:自然の中で自分を開放したい方、
様々な悩みをお持ちの方、
新しいことにチャレンジしたい方
など概ね16歳から30歳前後。
スキー経験はまったく必要ありません。
申込:まずは、メールで仮申込をお願いします。その後、申込書に必要事項をご記入のうえ、郵送またはFAXにてお送り下さい。
※申込書記入の際に、身長と足のサイズ(レンタル用)をお知らせ下さい。
問合先:NPO法人国際自然大学校日光霧降校 金井
     TEL/FAX 0288-50-1175
     e-mail:s_kanai@nots.gr.jp

yuki.JPG
posted by ぱり at 14:24| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

マインドマップ研修。

本当にやりたい!ことプロジェクトのメンバーで
マインドマップの研修会を行ないました。
ゲストに、ブザン教育協会から公認インストラクターである
内山氏をお招きして、基礎から教えていただきました。
CIMG8352.JPG

「アプローチを変えること」の大切さとその方法。
今の教育には必要はこの2つの事項がマインドマップでは
可能になる。そんな予感がしました。
CIMG8363.JPG

みんなでマインドマップを描きながら、描き方を学びました。
1人でそれぞれのテーマを描いてみる。
CIMG8367.JPG

それをシェアするために描いたマップを見ながら説明します。
CIMG8377.JPG


そんな中で、
10年後の日光のありたい姿を描きました。
そして、みんなでそのマップを模造紙に描いていきます。
人が描いたブランチに、他の人が描き足していく。
そうすると、みんなのそれぞれの想いが描かれていきます。
口に出しては表現していないことや
思いもしなかったアイディアが生れたり。
CIMG8419.JPG

それがこのマップ。
CIMG8423.JPG

夢は広がります。
そして、これを書いたことで、
一歩一歩近づいている。
そんな予感がします。
posted by ぱり at 16:42| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

100kmチャレンジ 終了

100kmチャレンジ、終了の報告です。
昨年よりも2週間遅い開催。
その分、冷え込みも増します。
そんな中、19歳〜38歳までの若者が
100kmに挑戦しました。

歩く前に、100kmの説明や注意事項を伝え、
お手製の「100kmノート」を渡しました。
そのノートには、自分の感じたこと、考えたことを
書き残し、「100kmを記録に残す」ために使います。
CIMG8110.JPG

この日は朝から雨が降っていて、
スタートの時から雨具着用。
不安と期待で分けるならば、
みんな、一人一人が不安と戦っています。
CIMG8113.JPG

10kmごとにチェックポイントを設置し、
休憩や給食のできる体制を作りました。
CIMG8131.JPG
 
10kmで早くも足の裏にマメが。
この先90kmをこのマメと共に過ごすことになります。
CIMG8133.JPG

日光街道をひたすら歩きます。
杉並木を大きなザックを背負って。
CIMG8137.JPG

午前中の雨にやられて、時間を大幅にオーバー。
夕食は途中で食べることに。
じっくり煮込んだハヤシライス!
CIMG8148.JPG

2日目の朝。
メンバーの一人が、
体調不良を訴えて歩けないと言い始めました。
「本人が言うのなら…」
「一緒にゴール目指したい」
「体調不良なら仕方ない」
などなど、他のメンバーからもいろいろな意見が出て、
最終的には、みんなの意思を本人に伝えることになりました。
CIMG8158.JPG

それが功を奏したのか、本人に意思を勇気付けたのか、
最初の3kmを歩いてみることに。
CIMG8162.JPG

歩き始めると体も内側から温まり足取りも快調に。

45kmポイントでは、他のメンバーも
それまでの疲れや、慣れないテントでの睡眠で
力を奪われていきます。
CIMG8181.JPG

CIMG8191.JPG

日も沈み、寒さが増してくると、
時間との戦いです。
一番、切迫しているのが、温泉の時間。
20:00までに着かなければ、温泉に入れない。
その目標が、みんなのエンジンに火をつけました。

真っ暗になりながらも、
悔しい思いで、ザックを車に預けながらも
痛みも辛さもわかったうえで、ザックを背負いながらも
ギリギリの時間で2日目のゴール。
CIMG8209.JPG

振り返りは、焚き火を囲んで、
一人一人が1日の想いを語ります。
CIMG8.JPG



膝の痛みに必死に耐えていたこと
1日の安堵と明日への不安
メンバーに支えられたこと

翌朝はスバラシイ冷え込み。
それにも負けずに、今日も歩き続けます。
最後の朝。円陣を組んで気持ちを一つに。
CIMG8237.JPG

この日は最大の難所、
峠越えがあります。
歩けど歩けど登り坂。
CIMG8266.JPG

支えてあげることと支えられること。
自分にできることを行動に表します。
CIMG8271.JPG

最後のチェックポイント。
ここでゴールしたメンバーの気持ちもしっかり受け止め
ゴールを目指す。

ゴールは、やっぱり真っ暗の中。
懐中電灯と反射タスキの光が
じょじょにゴールに近づいてくる。
ゴールの瞬間は、感動の瞬間。
笑顔と涙とでいっぱい。
CIMG8317.JPG


ゴール後は恒例の「100kmケーキ」でお祝い。
CIMG8333.JPG


「100kmは人生の縮図」と言ったけれど、
終わってみて、
「人生は100kmの縮図」だと思った。
それは、苦しい時も楽しい時もあること。
仲間に支えられ、仲間を支えて、ゴールを目指すこと。
自分を大切にすることと他者を大切にすること
そしてその両方を大切にすること。の難しさ。
この100kmチャレンジは、「100kmを歩き切る」という
大きな、そして、、明確な目標が決められていた。
今度は、自分の人生の大きな目標を自分で決めること。
この100kmチャレンジは、「自分を大切に、他者を大切に、両方を大切に」というポリシーがあった。
今度が、自分の人生を歩むうえでの自分のポリシーを自分で決めること。

posted by ぱり at 21:42| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。