2008年11月26日

本当にやりたい!ことプロジェクト参加者募集

本当にやりたい!ことプロジェクト
『ライフプランニング〜本当にやりたい!ことを探す〜』

自分が「本当にやりたいこと」ってなんだろう。
「している仕事」と「やりたいこと」が違う時、
どうすればいいのだろう。
「できること」と「やりたいこと」のギャップを
どう埋めればいいかわからない。

そこで、自然の中で仲間とともに
今の自分をしっかり見つめ、
自分の価値観を表現する。
その中から
これからのビジョン=ありたい姿を探し出し、
それを実現するアクションプランを作成します。
「絵に描いた餅」ではなく「明日から何をするか」
を抽出します。

期日:2008年12月12日(金)〜14日(日)
会場:栃木県日光霧降高原 日光霧降校
対象:夢を見つけたい人、
夢を実現したいけど何をしていいかわからない人、
自分の価値観を見つめたい人、
将来に不安がある人、
本当にやりたいことを見つけたい人、
就職に不安を抱えている人、
今の社会にストレスを抱えている人、
親子の関係に不満を抱えている人
対象年齢:16歳から30歳前後
スタッフ:ぱり、てつ、べっきー
ゲスト:野口久弘氏(NPO法人日本青少年キャリア教育協会)
参加費:6,000円(宿泊費、食費、保険代)
持ち物:宿泊用具、筆記具、こだわりの1冊
申込:まずはメールでご連絡下さい。
連絡先:〒321-1421 栃木県日光市所野1547
TEL/FAX 0288-50-1175
e-mail:s_kanai@nots.gr.jp
『本当にやりたい!ことプロジェクト』 http://jiritsu.nots.gr.jp/


posted by ぱり at 10:11| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

どんぐり大作戦!

秋のレインボーパークは、季節感たっぷり。
今回は、「どんぐり大作戦」。
普通の公園であれば、必ず目にするどんぐり。
しかし、どんぐりの種類はたくさんあります。
と、いうような学習チックなことは一切抜きにして、
ひたすら遊ぶ!と言うのが、レインボーパーク流。

どんぐりを捜しているうちに、
落ち葉にも目を向けた子ども達。

投げつけて当たっても痛くないのが落ち葉。
必死になって攻撃してきます。
カメラマンも必死です!
CIMG7915.JPG
CIMG7917.JPG
CIMG7924.JPG

落ち葉でいろいろな遊びを考え出します。
落ち葉大作戦か?
CIMG7931.JPG

昼食は、もちろん「レインボーカレー」
今回の隠し味は
ヨーグルト、カンガルーの干し肉、オーストラリア産コアラチョコ、
明治の館秘伝のタレ、リンゴ、にんにく、さつまいも、
そしてどんぐり。このどんぐりは「マテバシイ」という種類。これを殻のままフライパンで煎って殻をとり煮込みました。

もうひとつ隠し味。
みんなの涙。タマネギ光線にやられています。
CIMG7946.JPG

どんぐりの入った「あそぼーパン」も作りました。
先程の煎ったどんぐりをつぶして粉末状にしたものを
ホットケーキミックスに混ぜ合わせます。
CIMG7958.JPG

CIMG7972.JPG


あそぼーパンを焼くために、
外では焚き火大作戦。
CIMG7954.JPG

悪ガキ3人組が大奮闘。
落ち葉大作戦、4連写!
CIMG7986.JPG
   CIMG7987.JPG
       CIMG7988.JPG
            CIMG7989.JPG
 
棒に巻きつけたパンの生地を各々で焼きます。
焚き火の熱と格闘しながら焼いていきますが、
中には丸こげや焚き火の中に落としてしまう失敗も。
こういう失敗を笑って吹き飛ばしてしまう「仲」が
このレインボーパークにはあります。
CIMG8008.JPG

ほぼ常連さんとなったメンバーなので、
自由にのびのび遊んでいる姿がたくましいです。

「自然の中で、自由に、のびのびと、遊ぶ」が
子どもの仕事!

posted by ぱり at 16:12| レインボーパーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

絆を育むファシリテーション講座 終了

先週末行なわれた
「イライラからイキイキへ
〜絆を育むファシリテーション講座〜」
(主催:財団法人子ども未来財団・NPO法人国際自然大学校)
が無事に終了しました。

講師には、
高野山大学スピリチュアルケア学科准教授の
井上ウィマラ氏をお招きして行ないました。

お母さん達のいろいろな悩みや考えを
様々なワークを通じて、シェアしながら互いに受け入れあっていく。
そこに自分自身への気づきや子どもに対しての新しい視点が生まれていく。そんな時間でした。
IMGP3445.JPG

お母さん達の子どもへの接し方が
講座が始まる前と終えた後では
まったく違う。
そうすると、子どもの反応も違ってくる。
良い循環が出始めた2日間。

それに加えて、
さっちゃん、ずえちゃんの美味しい料理の数々。
素朴だけど、深みのある味。
安心な食材と手間のかかった料理法。
温かい空気に包まれた時間。

美味しい料理は、前々号掲載の「120%満腹」の
記事をご覧下さい。

お母さん達も積極的にさっちゃんを掴まえて、
いろいろと引き出している様子が
企画者としては嬉しい光景でした。
CIMG7894.JPG

今後もこのような場を作っていきたいです。

食堂でお母さんがお茶しながら話をしている。
その隣で、子どもがハンモックで揺られている。
その子どもの相手を若者がしている。
その奥でスーパーおばあちゃんが料理に腕を振るう。

老若男女が互いに受け入れあうことで
安心安全の場が提供できたと思います。

「日光霧降校のありたい姿、ここにあり」
posted by ぱり at 11:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

満腹だけじゃない!

満腹焚き火のつどいは、
ご飯をたくさん食べて
満腹になっただけじゃない!
と言いたいところですが、
満腹であるが故に、
行動も活動もゆったりモードでした。

参加者が集まって来た10:00頃。
誰ともなく、縄跳びが始まり、
それが長縄に発展し、
巨大バレーボールへ繋がりました。
CIMG7778.JPG

CIMG7785.JPG

遊びを通じて、
このプロジェクトのルールが伝わります。
それは、参加したい人が参加したい時に
好きなように参加する。
ちょっと休みたいなと思えば
休めばいい。

あらためて、仕切り直しをして
それを言葉で伝えます。

たらふくご飯を食べた後は、
恒例の薪割り!
そして、焚き火!!

「丸太と会話しながら斧を振る」
これが達人の極意です。
慣れてくると、本当に対話できちゃうんだな。
CIMG7797.JPG

CIMG7806.JPG

むかしむかしに、
子ども達のキャンプで作成した
遊び場が老朽化していたため、
みんなで楽しく思いっきり破壊!
CIMG7815.JPG

あっという間に暗くなり、
日が沈むと、一気に気温も下がります。
そうすると、焚き火の熱が心地よい。
CIMG7823.JPG

夕食は、同日同場所でやっていた子育て支援プログラムと
一緒にいただきました。
まさに老若男女が集まった食事。
一口一口をゆっくりじっくりいただきました。
CIMG7842.JPG

夜は、ミーティング。
今の自分を表す言葉を紙に書いて、
二人組みでシェアします。
お互いがどんなことを考えているのか
何を大事にしているのかが
ちょこっととだけ垣間見れる。
きっかけ作りです。


2日目は、
霧降の滝見学。
CIMG7855.JPG

遠くから眺めた後、
一般人向けのコースから逸脱して、
玄人コースへ。
滝つぼまで降りてみました。
CIMG7862.JPG

紅葉真っ盛り。
しかも、人がいない紅葉景色。
自然界の彩り満点。
CIMG7861.JPG

大きな岩を上り下りし、
崩れやすい道を横切り、
滑りやすい石を跨いで、
倒木を潜り抜け、
そして、
滝つぼまで。
マイナスイオン満点。
CIMG7874.JPG

最後は、
振り返りの時間。
2日間の感想をみんなで発表して閉幕。
CIMG7910.JPG

ここ、日光霧降校が
「みんなの帰ってこれる場所」になればいい。
いろいろな人がいて、
様々なヒューマンストーリーがあって、
たくさんの出逢いがある。
そして、
パワーを充電して、
自分の日常へ戻っていく。

エリ天、ハレルヤ、ハムカ、はや、もり、王ちゃん、ただっち、
なおさん、てつ、べっきー、こってり、ゆーみん
ありがとう。
posted by ぱり at 09:38| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

満腹・焚き火のつどい、120%満腹!

再び、満腹になりました。
今回の満腹は前回のいついつの満腹とは違います。
何が違うか?
それは、ごはんをたーくさん食べたということ。
なんと、遠く山梨県から食事を作りに来てくれた
2人がいたのです。
CIMG7809.JPG


食材も調理器具も食器もすべて持参して、
「出張シェフ」のように。
安全で旬の食材を手間をかけて作る。
それを手作りのお皿に盛られて出てきたら
食べずにはいられない。
ご飯も釜炊き。
調味料も手作り。
CIMG7810.JPG


「なにか特別なものを作るわけではなく、
旬のものを手間をかけて作り方を工夫して、
作る」
CIMG7846.JPG

そう、出てきたメニューはフランス料理や懐石料理のような
高級メニューではなく
素朴な深みのある味がしみ込んだ数々。

親子丼!
CIMG7786.JPG

鶏の西京漬け(最強漬け)
CIMG7841.JPG

ハヤシライス(手作りトマトソースと手作りウスターソースから)
CIMG7890.JPG

おやつには、
黒米のおかゆ
CIMG7898.JPG

ん?
食べ物の紹介ばかりになってしまった・・・。

美味しい→満腹→楽しい→幸せ。

「満腹にならなければならないキャンプ」でした。
活動の様子は次回!
posted by ぱり at 18:20| 本当にやりたい!ことプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

違いを違いとしてではなく

先日、埼玉県秩父市にオープンした(する?)
プロジェクトアドベンチャーのユニバーサルコースの
オープニングセレモニーに行ってきました。
もともと大企業が作った一大アミューズメントパークの
一角にあるゴルフ場の跡地。
ものすごく景観が良くて、
ハイジになった気分で、
ニトロができてしまう。
CIMG7721.JPG


そんななか、
ハイエレメントの会場には、
車椅子用のセッティングがされていました。
車椅子の人でもアドベンチャーができてしまう。
ということがスゴイ!
CIMG7719.JPG

もともとは、アメリカが発祥。
現地にはユニバーサルアドベンチャーコースの
第一人者として知られるドン・ロジャース博士も
来られていました。
「障害を持った人がそうでない人といっしょに活動すること
で、違いから互いに学ぶことが大事なんだ」
というようなことを話していました。
大人と子どもの違い。男と女の違い。それといっしょ。
さすが。
この考え方。

霧降校もユニバーサルなデザインをいつしか実現したいです。
posted by ぱり at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。